杉浦 一徳

杉浦 一徳

杉浦 一徳Kazunori SUGIURA

教授

専門分野:
オペレーティングシステム、インターネット技術、メディアエキスペリエンス、コンテンツ・リテラシー、オタク文化

経歴:

1994年慶應義塾大学環境情報学部卒業。1996年同大学院政策・メディア研究科修士、2003年同研究科博士課程修了。博士(政策・メディア)。慶應義塾大学デジタルメディアコンテンツ統合研究機構特別研究准教授,2008年,同大学大学院メディアデザイン研究科准教授、2019年、同大学教授を経て現職。デジタルメディアコンテンツ管理と表現手法、メディアコンテンツ協生学といったデジタルコンテンツを活用・応用する技術から、オペレーティングシステム、インターネット伝送技術、ユビキタス環境といったインターネット基盤技術まで、人間の活動の中で協生するデジタルコンテンツ基盤の探求がテーマ。ポップカルチャー創造性技法・技術ならびにコンテンツの創造、オタクにも精通。「オタク文化」における経験共有の講義も持ち、これら講義はコスプレ・着ぐるみで行っている。