CEMSプログラム

CEMS, the Global Alliance in Management Education

CEMS, the Global Alliance in Management Education は、ヨーロッパを中心とする世界トップレベルのビジネススクールとそれを支える多国籍企業の連合体です。CEMSでは、CEMS MIM(CEMS Master's in International Management)というプログラムを提供しています。これは、ヨーロッパ型の経営理念に基づく国際経営学修士コースで、学生は自分の在籍するCEMS正会員校からの修士号とCEMS MIMの両方を取得できる、ダブルディグリープログラムです。1988年に創立されて以来、その発展は著しく、Financial Timesによるランキングで示されているように、世界トップレベルのプログラムとして認識されています。

CEMS正会員校とは、厳しい審査基準を通過してCEMSに加盟した大学のことです。各国から参加できる大学は1つと限られています。日本からは慶應義塾大学がCEMS正会員校として参加しています。應義塾大学では、経済学研究科とメディアデザイン研究科に加え、2012年度からは新たに商学研究科がCEMSダブルディグリープログラム(CEMS MIMと各研究科の修士学位)を提供します。

詳細は以下のアドレスをご参照ください。 >> http://www.ic.keio.ac.jp/keio_student/dd/cems/index.html