教員

水口 哲也

水口 哲也Tetsuya MIZUGUCHI

特任教授

専門分野:
エンタテインメントデザイン、シナスタジア(共感覚)デザイン、インタラクションデザイン、デジタルストーリーテリング。人間の欲求とメディアの関係性をリサーチしながら、ビデオゲーム、音楽、映像など様々な分野において共感覚的でグローバルな創作活動を続けてきた。代表作として、『セガラリー』(1994)、『スペースチャンネル5』(1999)、『Rez』(2001)、『ルミネス』 (2004)、『Child of Eden』(2010) など。また音楽と映像のハイブリッドユニット Genki Rocketsを主宰、"Live Earth"(2007)東京会場のホログラム映像によるオープニングアクトや、Sonyの3D技術と音楽ライブを融合させた"Sony make.believe 3D live"(2010)の演出などを手掛ける。

経歴:
1990年日本大学芸術学部文芸学科卒。2002年アルスエレクトロニカにおいてインタラクティブアート部門Honorary Mention、経済産業省デジタルコンテンツグランプリ・エンターテインメント部門サウンドデザイン賞、文化庁メディア芸術祭特別賞を受賞(Rez)。2006年には全米プロデューサー協会(PGA)とHollywood Reporter誌が合同で選ぶ「Digital 50」(世界のデジタル系イノベイター50人)に選出される。2007年文化庁メディア芸術祭エンターテインメント部門審査主査、2009年日本賞審査員、2010年芸術選奨選考審査員などを歴任。

News

  • 現在、お知らせはありません。