Global Innovation Designネットワーク

Global Innovation Design Program(GIDプログラム)

グローバルイノベーションデザイン(GID)プログラムは、デザイン・文化・産業の中心である3都市を結ぶ、世界でも類を見ないトランス・ナショナルなデザイン教育を提供します。その拠点とは東京(横浜)に位置する慶應義塾大学大学院メディアデザイン研究科(KMD)、ロンドンのロイヤル・カレッジ・オブ・アート(RCA)とインペリアル・カレッジ・ロンドン(Imperial)、そしてニューヨークのプラット・インスティテュート(Pratt)です。それぞれの拠点は、創造性とイノベーションを先導する国際的なリーダーであるとともに、アート、デザイン、エンジニアリング、テクノロジ、ビジネスなどの専門性を補完しあう関係にあり、GIDプログラムに参加する学生は、この3拠点に滞在しながら学ぶなかで、修士号を獲得します。GIDは単なる短期留学プログラムではなく、21世紀の高等教育が担うべき「複数機関連携による教育モデル」の提案です。学生たちは、全く異なる3つの世界的経済圏に身を置き、異なる文化に触れ、生活し、学ぶなかで、本プログラムでしか得られないユニークな視点を身につけていきます。グローバル社会の中で常に有益な変化を生み出す「創造的カタリスト(触媒)」となりうる、新たなグローバル・デザイン・リーダーを育てていきます。

本プログラムは、平成23年度~27年度まで、文部科学省「大学の世界展開力強化事業」に採択されたプログラムです。
5年間の軌跡をまとめた「The Journey of Global Innovation Design」は、こちらからご覧ください。
同冊子のBook in Bookは、こちらからご覧ください。