リアルプロジェクト

Embodied Media

感性と技術を融合し、未来をプロトタイピングする

「身体性メディア」プロジェクトは、人々が自身の身体を通して得る様々な経験を、記録・共有・拡張・創造する未来のメディアテクノロジーを創ります。見る、聞く、触れる。人と人、人とモノとのインタラクションにおける身体性を理解し操ることで、楽しさ、驚き、心地よさにつながる新たな身体的経験を生み出します。

ミッション

- 情報技術により人間の能力を時空間的に拡張する
- 人の五感を操ることで「現実感」をデザインする
- 誰もが情報空間と実空間を自在に行き来できる「自在化技術」を構築する

取り組み

  1. 1. Living Lab Tokyo
    Living Lab Tokyoは新しい技術や製品を使う生活者と研究者が共同してものづくりが行える空間を目指しています.ソフトコンピューティングという枠組みで、柔軟物による計測手法などの基礎技術から、インタラクション設計におよぶ研究を行っています。

  2. 2. TECHTILE toolkit
    テクタイルツールキットは触感表現のためのラピッドプロトタイピングツールです。触感の記錄・編集・再生・インターネット上での共有など触感を用いた新しい表現手法を手軽に試みることができます。
    *Good Design Award / Laval Virtual 2012 PRIX Emerging Technologies

  3. 3. Transparent Prius
    後部座席があたかも透明になったように車両後方をみることができる運転支援システムです。振り返り動作で障害物などが容易に確認できるといった様に、車両後方の視認性向上を実現しています。
    *Digital Contents Expo 2012 Innovative technologies Special Award

  4. 4. TELESAR V
    自分の分身となるアバターロボットに細やかな触感を伝える触感伝送技術と搭載することで、遠くにいるロボットとまるで一体となったかのような感覚の、視覚・聴覚・触覚が融合した臨場感のある遠隔体験(テレイグジスタンス)を実現しました。
    *IROS 2012 Best Application Paper Finalist & Best Student Paper Finalist

  5. 5. 文化財を体感する新たな鑑賞体験
    凸版印刷×KMD「インタラクティブ・ミュージアム」

    KMD南澤孝太准教授のチームが凸版印刷と取り組んだリアルプロジェクトのテーマは「博物館における新しい鑑賞体験の創出」。凸版印刷が博物館など文化施設で展開しているVR(バーチャルリアリティ)シアターを題材に、観客がより能動的に参加できる場を「身体性を伴うインタラクションデザイン」によって実現することを目標にしました。

    約2年間の研究成果の1つは、2014年夏、東京国立博物館と凸版印刷が共同企画し、TNM & TOPPANミュージアムシアターで上演されたVR作品『伊能忠敬の日本図』と連動する小学生・中学生向けイベントとして公開されました。

    本プロジェクトの担当者であり、凸版印刷でVR研究に携わる同社総合研究所の吉野弘一氏は、「来館者にとっての新しい鑑賞体験を見つけ出せたことが最大の成果。プロジェクトの最初から課題を共有し、ユーザー調査に基づくシステム構築を進められる環境がリアルプロジェクトの魅力だと実感しました」と振り返っています。

    共同開発したインタラクティブ映像作品は、懐中電灯型のコントローラーをかざすことで重要文化財「日本沿海輿地図(伊能中図)」に現在の地図が重なって表示されたり、虫眼鏡のように拡大して細部まで見るといった体験ができるもの。ミュージアムシアター前に設置された大型のスクリーンを多人数で共有しながら、鑑賞者個々の興味が向いた地図上の場所をたどることができるこの作品を通じて、伊能中図を自由な視点で体感的に鑑賞し、その後のミュージアムシアターでのVR鑑賞や展示室での実物鑑賞の理解を深める効果にもつながったと高く評価されました。

    また、同時期に東京国立博物館の中庭で開催された、参加者が当時の方法で測量した結果から日本地図を簡易的に作成するという歩測ワークショップでは、映像作品の鑑賞との相乗効果によって、実感に基づく鑑賞体験を与えるという成果がみられました。

    「博物館というリアルなフィールドだからこそ、プロジェクトの初期段階からアイデアをプロトタイピングしつつ検討できたことが成功の秘訣だと思います。共同研究を進めるなかでフィールドにあてたアイデアをテクニカルに具現化するのがKMDのリアルプロジェクトの特徴です。今回のように美術や歴史の魅力を新しいかたちで引き出し、子供たちのクリエイティビティの刺激となる映像コンテンツ体験は、今後さらに幅広く応用できると考えています」(南澤准教授)。

プロジェクトディレクター

南澤孝太

スポンサー&パートナー

科学技術振興機構 CREST / ERATO,日本学術振興会,総務省SCOPE,デジタルコンテンツ協会,マイクロソフトリサーチアジア, 旭光電機株式会社,日本メクトロン株式会社,凸版印刷株式会社,自動車関連企業, 山口情報芸術センター, 日本科学未来館ほか

最近の成果

Publications

・Fan, K. et al. "Reality Jockey: Lifting the Barrier between Alternate Realities through Audio and Haptic Feedback" in Proc. ACM CHI 2013 (2013.5)
・Sugiura, Y. et al. “A Thin Stretchable Interface for Tangential Force Measurement” in Proc. ACM UIST 2012 (2012.10)
・Fernando, C.L. et al. “Design of TELESAR V for Transferring Bodily Consciousness in Telexistence”. in Proc. IEEE/RSJIROS 2012 (2012.10)
・Sugiura, Y. et al. “PINOKY: a ring that animates your plush toys” in Proc. ACM CHI 2012 (2012.5)
・Minamizawa, K. et. al. “TECHTILE toolkit - A prototyping tool for design and education of haptic media” in Proc. VRIC 2012 (2012.3)
・Naoya, K., et al. "Stop Motion Goggle: Augmented visual perception by subtraction method using high speed liquid crystal" in Proc, Augmented Human 2012 (2012.3)

SIGGRAPH EMERGING TECHNOLOGIES

・SIGGRAPH ASIA 2012 (RoboJockey: Robotic Dance Entertainment For All, Haptic Editor)
・SIGGRAPH 2012 (TELESAR V: TELExistence Surrogate Anthropomorphic Robot, Shader Printer, TECHTILE toolkit: A Prototyping Tool For Designing Haptic Media)
・SIGGRAPH ASIA 2011 (PINOKY: A Ring That Animates Your Plush Toys, Cooky: A Cooperative Cooking Robot System, Chewing Jockey: Augmented Food Texture by Using Sound Based on the Cross-Modal Effect, ImpAct : Haptic Stylus for Shallow Depth Surface Interaction, KUSUGURI: Visual Tactile Integration for Tickling, Adaptive Parallax Autostereoscopic LED Display)
・SIGGRAPH 2011 (FuwaFuwa: Detecting Shape Deformation Of Soft Objects Using Directional Photoreflectivity Measurement, HAPMAP: Haptic Walking Navigation System With Support By The Sense Of Handrail)

EXHIBITIONS

・DIGITAL CONTENT EXPO 2010, 2011, 2012 (Miraikan)
・INTERNATIONAL ROBOT EXHIBITION 国際ロボット展 2011 “TELESAR V” (11.9 ‒ 12.2011, Tokyo Big Sight)
・DORAEMON's Scientific Future ドラえもんの科学みらい展 (6.12.2010 ‒ present, Miraikan and other museums)
・Laboratory for New Media 9th Exhibition “Living with Monmo” (6.11 ‒ 12.27.2011, Miraikan)
・“Zero-ichian, Device Art Collection” (6.11.2011 - Spring 2013, Miraikan)
・Laboratory for New Media 6th Exhibition “Interface Technology of Dr. Jekyll and Mr. Hyde” (5.17 ‒ 6.14.2010, Miraikan)