リアルプロジェクト

Reality Media

感性と技術を融合し、未来をプロトタイピングする
リアリティメディアプロジェクトは、人の「生理」に根ざして生じる現実感に着目することで、より快適で、楽しめるようなメディアを開発することを目指しています。ハードウェアが「物理」、ソフトウェアが「数理」に基づいて設計されているように、「現実感」は人の「生理」に根ざして生じます。人間は、感覚器を通して情報を取得し、大脳による情報処理を経て世界を理解し、筋肉を通して世界に働きかけます。そこで、視覚、聴覚、触覚、嗅覚、味覚と呼ばれる五感をはじめとする感覚・知覚、および筋肉による運動という人間の入出力機能の特性に根ざし、現実感を生み出すシステムについて研究しています。

ミッション

- 情報技術により人間の能力を時空間的に拡張する
- 人の五感を操ることで「現実感」をデザインする
- 誰もが情報空間と実空間を自在に行き来できる「自在化技術」を構築する

取り組み

  1. 1. Living Lab Tokyo
    Living Lab Tokyoは新しい技術や製品を使う生活者と研究者が共同してものづくりが行える空間を目指しています.ソフトコンピューティングという枠組みで、柔軟物による計測手法などの基礎技術から、インタラクション設計におよぶ研究を行っています。

  2. 2. TECHTILE toolkit
    テクタイルツールキットは触感表現のためのラピッドプロトタイピングツールです。触感の記錄・編集・再生・インターネット上での共有など触感を用いた新しい表現手法を手軽に試みることができます。
    *Good Design Award / Laval Virtual 2012 PRIX Emerging Technologies

  3. 3. Transparent Prius
    後部座席があたかも透明になったように車両後方をみることができる運転支援システムです。振り返り動作で障害物などが容易に確認できるといった様に、車両後方の視認性向上を実現しています。
    *Digital Contents Expo 2012 Innovative technologies Special Award

  4. 4. TELESAR V
    自分の分身となるアバターロボットに細やかな触感を伝える触感伝送技術と搭載することで、遠くにいるロボットとまるで一体となったかのような感覚の、視覚・聴覚・触覚が融合した臨場感のある遠隔体験(テレイグジスタンス)を実現しました。
    *IROS 2012 Best Application Paper Finalist & Best Student Paper Finalist

プロジェクトディレクター

舘暲 / 稲見昌彦 / 南澤孝太 / 古川正紘

スポンサー&パートナー

科学技術振興機構 CREST / ERATO,日本学術振興会,総務省SCOPE,デジタルコンテンツ協会,マイクロソフトリサーチアジア, 旭光電機株式会社,日本メクトロン株式会社,凸版印刷株式会社,自動車関連企業, 山口情報芸術センター, 日本科学未来館ほか

News

最近の成果

Publications

・Fan, K. et al. "Reality Jockey: Lifting the Barrier between Alternate Realities through Audio and Haptic Feedback" in Proc. ACM CHI 2013 (2013.5)
・Sugiura, Y. et al. “A Thin Stretchable Interface for Tangential Force Measurement” in Proc. ACM UIST 2012 (2012.10)
・Fernando, C.L. et al. “Design of TELESAR V for Transferring Bodily Consciousness in Telexistence”. in Proc. IEEE/RSJIROS 2012 (2012.10)
・Sugiura, Y. et al. “PINOKY: a ring that animates your plush toys” in Proc. ACM CHI 2012 (2012.5)
・Minamizawa, K. et. al. “TECHTILE toolkit - A prototyping tool for design and education of haptic media” in Proc. VRIC 2012 (2012.3)
・Naoya, K., et al. "Stop Motion Goggle: Augmented visual perception by subtraction method using high speed liquid crystal" in Proc, Augmented Human 2012 (2012.3)

SIGGRAPH EMERGING TECHNOLOGIES

・SIGGRAPH ASIA 2012 (RoboJockey: Robotic Dance Entertainment For All, Haptic Editor)
・SIGGRAPH 2012 (TELESAR V: TELExistence Surrogate Anthropomorphic Robot, Shader Printer, TECHTILE toolkit: A Prototyping Tool For Designing Haptic Media)
・SIGGRAPH ASIA 2011 (PINOKY: A Ring That Animates Your Plush Toys, Cooky: A Cooperative Cooking Robot System, Chewing Jockey: Augmented Food Texture by Using Sound Based on the Cross-Modal Effect, ImpAct : Haptic Stylus for Shallow Depth Surface Interaction, KUSUGURI: Visual Tactile Integration for Tickling, Adaptive Parallax Autostereoscopic LED Display)
・SIGGRAPH 2011 (FuwaFuwa: Detecting Shape Deformation Of Soft Objects Using Directional Photoreflectivity Measurement, HAPMAP: Haptic Walking Navigation System With Support By The Sense Of Handrail)

EXHIBITIONS

・DIGITAL CONTENT EXPO 2010, 2011, 2012 (Miraikan)
・INTERNATIONAL ROBOT EXHIBITION 国際ロボット展 2011 “TELESAR V” (11.9 ‒ 12.2011, Tokyo Big Sight)
・DORAEMON's Scientific Future ドラえもんの科学みらい展 (6.12.2010 ‒ present, Miraikan and other museums)
・Laboratory for New Media 9th Exhibition “Living with Monmo” (6.11 ‒ 12.27.2011, Miraikan)
・“Zero-ichian, Device Art Collection” (6.11.2011 - Spring 2013, Miraikan)
・Laboratory for New Media 6th Exhibition “Interface Technology of Dr. Jekyll and Mr. Hyde” (5.17 ‒ 6.14.2010, Miraikan)