基本情報

デジタルメディアは、放送と通信の融合、ソーシャルネットワークサービスなどに見られるように、従来のマスメディアとしてのメディアインフラから人と人をつなぐコミュニティ形成のパーソナルメディアへと変容しつつあります。また、メディアに付加価値を提供するコンテンツあるいは生活の中における様々なデザインは、人々の心を豊かにするために重要な役割を果たします。メディアとコンテンツ、デザインを社会に根付かせていくためには、知的財産を含む政策および管理、経営モデルを通した産業としての視点も不可欠です。"養成する人材像"で記したとおり、メディア、コンテンツ分野において、デザイン、テクノロジー、マネジメント、ポリシーの4つの力(創造性)を調和・統合し、新しい知や表現の創造活動を実践するのみならず、その成果の価値化をプロデュースできる人材を本大学院ではメディア・イノベータと称し、その育成を目指します。

本研究科担当予定教員は、デザイン、テクノロジー、マネジメント、ポリシーの4分野を調和・統合するに相応しい専門性とスペクトルをもっており、メディア・イノベータの養成に不可欠な幅広い教育研究に十分に対応できます。

研究科、専攻等の名称(英文名称)および学位の名称(英文名称)は、以下のとおりです。

1. 研究科名

メディアデザイン研究科
Graduate School of Media Design

2. 専攻名

メディアデザイン専攻
Major in Media Design

3. 学位

修士(メディアデザイン学)
Master of Media Design
博士(メディアデザイン学)
Ph.D. in Media Design

4. 入学定員

修士課程   80名(収容定員 160名)
後期博士課程 10名(収容定員 30名)

5. 学校案内・入学案内

KMDパンフレットリンク先:

http://www.kmd.keio.ac.jp/jp/other/KMD-brochure.html