次世代インターネット技術を使った救急活動支援画像配信システム公開実証実験のお知らせ

次世代インターネット技術を使った
救急活動支援画像配信システム公開実証実験のお知らせ
─ 3D画像等の伝送を可能にしたMobile ER (モバイル救急救命室) ─

【要旨】
慶應義塾大学大学院メディアデザイン研究科と、奈良先端科学技術大学院大学、生駒市消防本部は、世界に先駆け救急活動を支援するために現場の動画像などがやりとりできる画像配信システムの共同研究開発を進めてきました。今回は、救命にあたる医師が手持ちのパソコンや携帯電話の画面で患者の傷病情報を画像などで確認できるシステムを開発、公開実験します。
共同研究グループはこれまで、次世代インターネット技術を用いた救急車通信システムとして世界初の試みの様子を披露しました。我々はワイヤレスブロードバンド時代をにらみ、この共同研究においてさらに開発を進め、より進んだ救急活動支援画像配信システムを完成させました。
今回のシステムでは、広帯域ワイヤレスブロードバンドであるWiMAXを用い複数の動画像ストリームを扱うことでより柔軟な画像情報を伝送することを可能にしました。本システムでは救急車内に設置した複数のカメラから傷病者の画像を伝送できるだけでなく、これらの画像から傷病部の三次元画像を構成することを可能としています。また、救急車内に設置されたタッチパネル式コンピュータによって傷病者の観察情報を迅速に入力することを可能とし迅速な受け入れ先病院決定を可能としています。

プレスリリースはこちら

PRESS RELEASE の他の記事

    ⼯芸とハプティクス(触覚技術)の融合による新しい価値伝達と社...

    2022.12.05 更新

    科学技術振興機構ムーンショット目標1 研究開発プロジェクト「身体的共創を生み出すサイバネティック・アバター技術と社会基盤の開発」(代表機関:慶應義塾大学大学院メディアデザイン研究科)(通称 Proje...

    分身ロボットカフェにて共創アバターロボット実験イベントを開催

    2022.10.14 更新

    ムーンショット型研究開発事業ムーンショット目標1「人が身体、脳、空間、時間の制約から解放された社会を実現」研究開発プロジェクト「身体的共創を生み出すサイバネティック・アバター技術と社会基盤の開発」(プ...

    国家戦略特区養父市との連携協定締結について

    2022.08.10 更新

    慶應義塾大学大学院メディアデザイン研究科(KEIO MEDIA DESIGN 以下、KMD)は、国家戦略特区に指定されている兵庫県養父市(広瀬栄市長)との間で、以下の通り連携協定を締結しました。 ...

    阿蘇の草原を活かす「エシカルな畜産業」の創出に向けた産学官連...

    2022.07.20 更新

    熊本県南阿蘇村(村長:吉良清一 以下、南阿蘇村)と慶應義塾大学大学院メディアデザイン研究科(横浜市港北区、研究科委員長:稲蔭正彦 以下、KMD)、熊本県畜産農業協同組合連合会(代表理事会長:荒牧弘幸 ...

    分身ロボットカフェにて複数アバターへの分身実験イベントを開催

    2022.05.31 更新

    慶應義塾大学大学院メディアデザイン研究科(以下、KMD) 南澤孝太教授らの研究グループは、ムーンショット型研究開発事業 ムーンショット目標1「人が身体、脳、空間、時間の制約から解放された社会を実現」の...

    日本テレビと共同研究を開始

    2022.02.02 更新

    メディアデザイン研究科 Future Crafts Projectは、日本テレビ放送網株式会社 R&Dラボとの共同研究を開始しました。マテリアルインタラクションや感覚再現技術を活用した、五感を介して伝...

    閑(いとま)プロジェクトが大和ハウス工業株式会社およびFut...

    2021.10.14 更新

    慶應義塾大学大学院メディアデザイン研究科 閑(いとま)プロジェクトと共同研究を実施している大和ハウス工業株式会社は、10月22日(金)に春日井市最大となるショッピングセンター「iias(イーアス)春日...

    KMD Forum 2021 “ちょっと先のおもしろい未来”...

    2021.06.28 更新

    慶應義塾大学大学院メディアデザイン研究科(以下、KMD)は、2021年7月3日(土)、4日(日)の2日間、KMD Forum 2021 “ちょっと先のおもしろい未来”を開催します。本年は東京ポートシテ...