EvernoteとKMDが起業・若者支援のための共同プロジェクトを開始

2011/04/21

  EvernoteKMDが起業・若者支援のための共同プロジェクトを開始

サービス開発を行う若者を応援日本のクリエイティビティを世界へ

 

 このたび、慶應義塾大学大学院メディアデザイン研究科(KMD)とパーソナルクラウドサービス『Evernote(エバーノート)』を運営するEvernote Corporation(カリフォルニア州マウンテンビュー市、以下Evernote )は、日本発のユニークなサービスやアプリケーションを開発したいという意欲のある若者を支援し、世界に通用する若者たちの創造性を喚起するために共同プロジェクトを開始することになりました。

  現在全世界で約800万人を超えるユーザーを有する「Evernote」は、個人の記憶を補完するツールとして、ウェブページやテキストメモ・写真・ExcelPDF等のファイル・動画・音声メモ等データ形式を問わないあらゆる情報を保管し、強力な検索機能でデバイスを問わずいつでもどこでも情報を引き出せるパーソナルクラウドサービスです。ユーザーにとって使い方の自由度が高いことから、日常生活での自分メモやウェブクリッピングから、名刺管理や議事録といった仕事面、仲間との情報共有や共同編集、教育現場での活用にいたるまで、利用事例がどんどん広がっています。

 

  また、Evernote API を利用する開発者の約三分の一は日本からとなっており、今後ますますEvernoteと連携したウェブサービスの開発や、ユーザー視点で他アプリケーションと組み合わせることで新たな価値を生み出すものが増えてくると期待されます。

 

 こうした状況をふまえ、KMDEvernoteは、今までにない新たなサービス/アプリケーションを開発・実現するための土台としてEvernoteを活用してもらうことで、特に若い世代の発想力や創造性、開発力を引き出したいと考えています。また、それらを日本から世界に発信していくことで、日本の優れたクリエイティビティやグローバルな視点のものづくりを支援してまいります。

 

  この支援のため、KMD Evernoteは共同プロジェクトを立ち上げ、継続的な活動を続けていく所存です。プロジェクト第一弾として、Evernoteを使ったサービス/アプリケーションのコンテストを行い、社会に広く役立ててもらえるソリューション、世界に通用するようなサービスの創出に寄与できればと考えています。

 

<第一弾プロジェクト概要>

概要:Evernoteを使ったサービスやアプリケーションを一般公募する

※アイディアだけではなく動くものが必須

募集テーマ:自由(ただし新規アイディア・新規インテグレーションに限る)

【例】・困っている人を助けるもの

   ・ビジネス・学習・生活 より知的活動をサポートするものなど

応募資格:だれでも応募可(一般公募)

募集期間:5月〜6(詳細日程はKMDおよびEvernoteウェブサイトにて告知)

優秀賞:8月開催予定のEvernote開発者向けイベント、およびシリコンバレー本社に招待

 

第一弾プロジェクトの募集開始は5月を予定しており、詳細はEvernoteおよびKMDのウェブサイトにて告知いたします。
 
■「EVERNOTE」とは 
米国Evernoteの運営するパーソナルクラウドサービスであり、世界中で800 万人以上が利用し
ています。「EVERNOTE」はコンピュータ、携帯電話、その他あらゆるデバイスを利用して、ユー
ザーが目にした情報を取り込み、保管し、また後日容易に検索して利用できるようにする「外部
脳」を実現するサービスです。WindowsMac、ウェブ、iPhoneiPadAndroidを始めとする
様々なデバイスからいつでもどこでも簡単に利用できます。日本国内でのスマートフォンの普
及を受け、国内ユーザー数が100万人を突破しました。
http://www.evernote.com/
 
<本件に関するお問い合わせ先>
Evernote × KMD プロジェクト事務局
広報担当:evernote_info@kmd.keio.ac.jp
※お問い合わせはメールにてお願いいたします。

 

PRESS RELEASE の他の記事

    ⼯芸とハプティクス(触覚技術)の融合による新しい価値伝達と社...

    2022.12.05 更新

    科学技術振興機構ムーンショット目標1 研究開発プロジェクト「身体的共創を生み出すサイバネティック・アバター技術と社会基盤の開発」(代表機関:慶應義塾大学大学院メディアデザイン研究科)(通称 Proje...

    分身ロボットカフェにて共創アバターロボット実験イベントを開催

    2022.10.14 更新

    ムーンショット型研究開発事業ムーンショット目標1「人が身体、脳、空間、時間の制約から解放された社会を実現」研究開発プロジェクト「身体的共創を生み出すサイバネティック・アバター技術と社会基盤の開発」(プ...

    国家戦略特区養父市との連携協定締結について

    2022.08.10 更新

    慶應義塾大学大学院メディアデザイン研究科(KEIO MEDIA DESIGN 以下、KMD)は、国家戦略特区に指定されている兵庫県養父市(広瀬栄市長)との間で、以下の通り連携協定を締結しました。 ...

    阿蘇の草原を活かす「エシカルな畜産業」の創出に向けた産学官連...

    2022.07.20 更新

    熊本県南阿蘇村(村長:吉良清一 以下、南阿蘇村)と慶應義塾大学大学院メディアデザイン研究科(横浜市港北区、研究科委員長:稲蔭正彦 以下、KMD)、熊本県畜産農業協同組合連合会(代表理事会長:荒牧弘幸 ...

    分身ロボットカフェにて複数アバターへの分身実験イベントを開催

    2022.05.31 更新

    慶應義塾大学大学院メディアデザイン研究科(以下、KMD) 南澤孝太教授らの研究グループは、ムーンショット型研究開発事業 ムーンショット目標1「人が身体、脳、空間、時間の制約から解放された社会を実現」の...

    日本テレビと共同研究を開始

    2022.02.02 更新

    メディアデザイン研究科 Future Crafts Projectは、日本テレビ放送網株式会社 R&Dラボとの共同研究を開始しました。マテリアルインタラクションや感覚再現技術を活用した、五感を介して伝...

    閑(いとま)プロジェクトが大和ハウス工業株式会社およびFut...

    2021.10.14 更新

    慶應義塾大学大学院メディアデザイン研究科 閑(いとま)プロジェクトと共同研究を実施している大和ハウス工業株式会社は、10月22日(金)に春日井市最大となるショッピングセンター「iias(イーアス)春日...

    KMD Forum 2021 “ちょっと先のおもしろい未来”...

    2021.06.28 更新

    慶應義塾大学大学院メディアデザイン研究科(以下、KMD)は、2021年7月3日(土)、4日(日)の2日間、KMD Forum 2021 “ちょっと先のおもしろい未来”を開催します。本年は東京ポートシテ...