GIDプログラム

Global Innovation Design Program(GIDプログラム)について

GIDプログラムは、 ①米国ニューヨーク・ブルックリンを拠点とする米国屈指のデザインスクール、プラット・インスティテュート(Pratt)のインダストリアルデザイン修士コース、 ②ジェームス ダイソン等の著名なデザイナーを輩出した英国ロンドンを拠点とするロイヤル・カレッジ・オブ・アート(RCA)とインペリアル・カレッジ・ロンドン (ICL)が合同で提供するイノベーション・デザイン・エンジニアリング(IDE)コース、 ③慶應義塾大学日吉キャンパスを拠点にデジタルメディア・技術を駆使する「メディア・イノベーター」創出を担う慶應義塾大学大学院メディアデザイン研究科(KMD)の、 4大学(3教育拠点プログラム)が共同で取り組む、世界水準の人材育成プログラムです。 同プログラムは、文部科学省「大学の世界展開力強化事業」にも採択されています。

GIDプログラムは、世界的に類のないイノベーションデザインのための最高峰の教育体制の実現を目指しています。 プログラムに参加する学生は、各教育拠点に半期ごと滞在するプログラムの中で、国際的な人的ネットワークを構築し、各大学の提供する独自のデザイン教育を横断的に学びながら、実践的なプロジェクトを遂行します。 また、GIDプログラムは、北米・欧州・アジアという世界的な経済圏を横断する、デザイン分野の産学連携ネットワークの構築を計画しています。 イノベーションを核とするデザインビジネス支援や、知識交換のためのネットワーク形成を目指すパートナーネットワークの設立を準備しており、国際的なイノベーションデザインの拠点になることを目指しています。