リアルプロジェクト

CREATO!

ネットワークを現実世界の延長線上に

音声、映像といったメディアコンテンツのあり方に着目しています。インターネットを情報基盤として取り入れている現代の社会では、これらのメディアコンテンツを利活用するためのリテラシーが必須となってきています。また様々なリテラシーが複雑に混在してゆくこれからの社会で、コンテンツによって得られる情報のみならず、我々自身の経験をも共有し、より親和性の高い"リテラシーフリー"なメディアコンテンツの開発を目指します。また、それらを利活用するコミュニティと社会活動のリデザインも行っていきます。

ミッション

- 個人の表記を現実世界からネットワークへ
- 情報のやり取りを接続とルーティングの観点から考える
- ネットワーク透過性のために現実世界でヒト、モノの位置を表現できる基盤を作成する

取り組み

  1. 1. Global Computing
    全てのものがインターネットと繋がった世界を目指します。これを実現するために、専門的な知識を必要としない遠隔コミュニケーションの基盤を作成しています。

  2. 2. Media Telescope
    自律的に生成される情報や実世界で生み出される情報を、情報トレンドとして予測します。そして情報トレンドに基づいたサービスを提供します。

  3. 3. UMECOE
    テレビとネットワークを組み合わせて、そのソフトウェアを充実させる等の活動をしています。ユーザーの使い勝手などを考慮して、わかりやすいインターフェース作成に努めています。

  4. 4. K4-GP
    Global Computing, MediaTelescope, UMECOTで得られた知見を基に、国内最大の軽自動車耐久レースK4-GPにて実証実験を行っています。

  5. 5. Human Mobility Realization
    Global Computing のベースで構築したネットワークから人間動作情報や環境情報などを取り、時間、場所などに適切な情報を提供する。

プロジェクトディレクター

杉浦一徳

スポンサー&パートナー

NUS CUTE Project、オリオン電機、東芝、総務省

最近の成果

PUBLIC RELEASE & SESSIONS

・Takahiro Nemoto “Precis Framework Implementation Report & Mapping Characters For PRECIS Classes” in the 84th IETF Precis WG at Vancouver, 2012
・Takahiro Nemoto, Yoshiro Yoneya "Precis Framework Implementation Report", IETF Internet-Draft, draft-nemoto-precis-framework-implement-report-00.txt (Jul. 2012)
・Yoshiro Yoneya, Takahiro Nemoto "Mapping Characters For PRECIS Classes" IETF Internet-Draft, draft-yoneya-precis-mappings-02.txt(Jul. 2012)
・Kazunori Sugiura, Takashi Tomine, Yasuhito Tsukahara, Yui Murase “2012 Spring Internet2 Member Meeting” (Apr. 2012)
・Takahiro Nemoto, Yoshiro Yoneya "IDNA2008 Implementation Report" IETF Internet-Draft, draft-nemoto-idna2008-implementation-report-00.txt (Feb. 2012)
・Yoshiro Yoneya, Takahiro Nemoto "Mapping Characters For PRECIS Classes" IETF Internet-Draft, draft-yoneya-precis-mappings-01.txt (Feb. 2012)
・“UMECOT TV & DVTS”, Fall 2011 internet2 member meeting
・Kazunori Sugiura “DVTS update” Asia Pacific Advanced Network 32nd Meeting 2011 HDTV Working Session (Apr. 2011)
・“UMECOT TV & DVTS” Spring New World Symphony Orchestra Workshop NUS CUTE Project, Orion Electric, Toshiba, Ministry of Internal Affairs and Communications NUS CUTE Project、オリオン電機、東芝、総務省

DEMOS

・K4-GP Summer (Aug. 2011)

THESES & PUBLICATIONS IN THE INTERNATIONAL & DOMESTIC CONFERENCES

・村瀬結衣、遠峰隆史、杉浦 一徳「 社会活動の写像化を目的とした簡単入力インタフェースの実現」 “One-Touch input interface : A expedient that duplicate with a real-world human activity and networks” マルチメディア、分散、強調とモバイル(DICOMO2012) シンポジウム (Jul. 2012) CDROM
・Janak Bhimani, Toshihiro Nakakura, Kazunori Sugiura “OurTV: Creating Media Contents Communities through Real-World Interactions” FutureTV2011, 9th European Conference on Interactive TV&Video, EuroITV (June 2011) http://sunsite.informatik.rwth-aachen.de/Publications/CEURWS/Vol-720/ CD-ROM
・Takahiro Nemoto, Toshihiro Nakakura, Kazunori Sugiura “Evaluation of Proposal for Information Sharing Communication System for Amateur Racing Event” In IPSJ DICOMO 2011, pp. 965‒977, (Jul. 2011)
・Yui Murase, Toshihiro Nakakura, Yuko Ota, Kazunori Sugiura『 ネットワークを通じて行動を共有する遠隔地間コミュニケーション環境』 DICOMO 2011, Multimedia Distributed Cooperative and Mobile Symposium (Jul. 2011) CDROM
・Yasuhiro Tsukahara, Takashi Tomine, Kazunori Sugiura “Host Information Acquisition in LAN Environment” IEEE ICUFN 2011, The 3rd International Conference on Ubiquitous and Future Networks (June 2011) CD-ROM
・Anusha Withana, Miyuru Dayarathna, Masa Inakage, Kazunori Sugiura “Infoshare: Content, Design and System Independent Multimedia Signage Architecture”, WiRELESS ViTAE 2011, 2nd International Conference on Wireless Communications, Vehicular Technology, Information Theory & Aerospace & Electronic Systems Technology (Feb. 2011) Invitation
・Miyuru Dayarathna, Yasuhito Tsukahara, Kazunori Sugiura “Telescope Visualizer: A Real-time Internet Information Visualizer with a Flexible User Inteface”, ASIAN INTERNET ENGINEERING CONFERENCE (AINTEC) (Nov. 2010) CD-ROM
・Takahiro Nemoto, Masato Yamanouchi, Takashi Tomine, Kazunori Sugiura “A study for empathy communication system” in IPSJ DICOMO 2010, pp. 338‒341(Jul. 2010)