TENORがGlobal Grad Show 2021に採択

慶應義塾大学大学院メディアデザイン研究科(KMD)の修了生の研究成果「TENOR」が、ドバイで開催されたGlobal Grad Show 2021に採択されました。

・Global Grad Show: https://globalgradshow.com/project/tenor/


<概要>
セルフトラッキング技術は、メンタルヘルス研究の領域におけるヒューマンコンピュータ・インタラクション(HCI)で採用されている主要なツールです。これらのツールの大部分は、情動障害を抱える人々の自己反省のためのメカニズムとして機能し、介護者が行う医療行為に情報を提供するために使用されます。特にムードトラッキングは、単なる感情状態のトレンドラインにとどまらず、感情の再評価や抑圧などの行動を測定し、それに影響を与えることで、ユーザーのメンタルヘルスを向上させることができる可能性を秘めています。このポジションペーパーでは、セルフトラッキング技術が精神疾患を持つ人々のモチベーションや関与において多くの課題を抱えていることから、音楽制作や感情の想起を通じてユーザーの関与を高めるように設計された音響的なムードトラッキングアプリケーション「TENOR」を用いた代替アプローチを紹介します。

*本文は英語からの翻訳です。

<プロジェクトメンバー>
ノラスコ ダーリーン ハナ ジェイン

 

AWARDS の他の記事

    Spirit OverflowがGlobal Grad Sh...

    2021.12.08 更新

    慶應義塾大学大学院メディアデザイン研究科(KMD)の修了生らの研究成果「Spirit Overflow」が、ドバイで開催されたGlobal Grad Show 2021に採択されました。 -Glob...

    吉原順一郎君(修士課程2年)がWIDE研究会でポスター賞を受...

    2020.12.11 更新

    吉原順一郎君(修士課程2年/Policy Project)が、名古屋大学で実施されたWIDE研究会においてポスター賞を受賞しました。 ・Webサイト:https://www.wide.ad.jp...

    吉原順一郎君(修士課程1年)が異能vationプログラム「破...

    2020.03.03 更新

    吉原順一郎君(修士課程1年/KMD Policy Project)が、総務省が実施する異能vationプログラム「破壊的な挑戦」部門に採択されました。 ・Webサイト:https://www.inn...

    Arque がインタラクティブアート部門優秀賞を受賞

    2020.01.14 更新

    KMD Embodied Media Project の 鍋島純一君(修士2年)の研究プロジェクト Arque が,アジアデジタルアート大賞展FUKUOKA において,インタラクティブアート部門『優秀...

    Embodied Media ProjectがP&G Jap...

    2019.12.02 更新

    メディアデザイン研究科 Embodied Media Project(主宰:南澤孝太教授)が P&G Japan Partner of the Year Award を受賞しました。

    FusionがJames Dyson Award 2019の...

    2019.11.06 更新

     "Fusion: Full Body Surrogacy for Collaborative Communication"がJames Dyson Award 2019において国内準優秀賞を受賞しま...

    KMDの学生チームが CHI 2019 Student De...

    2019.05.13 更新

    KMDの学生チームのHaptic Remembrance Bookが、CHI 2019 Student Design Competition において 1st Prize (最優秀賞)を受賞しました。...

    KMD Embodied MediaのチームがIVRC 20...

    2018.11.22 更新

    幕張メッセにて開催されたIVRC 2018(国際学生対抗バーチャルリアリティコンテスト)決勝大会にて,KMD Embodied Media の修士学生からなる2チームが Laval Virtual A...